第25回日本脊椎・脊髄神経手術手技学会 概要

会 長 谷口 真  (東京都立神経病院 脳神経外科)
副会長 鷲見 正敏  (神戸労災病院 整形外科)
根尾 昌志 (大阪医科大学付属病院 整形外科
会 期 2018年(平成30年) 9月14日(金)~15日(土)
コンセプト 「融合」
会 場 シェーンバッハ・サボー
〒102-0093 東京都千代田区平河町2−7-5
TEL:03-3261-8390
演題受付 2018年(平成30年) 2月1日 (木)〜5月8日 (火) 正午締切
主 題

1. 成人脊柱変形の治療 (一部演者指定)

2. 困難な症例への挑戦 (骨粗鬆症・パーキンソン病に伴う脊柱変形・感染合併他)(症例事前提示 発表者公募)

3. 低侵襲手術の光と影

4. 合併症 私の対処法

シンポのタイトル

1,頚椎人工椎間板の現状

2,新技術の臨床導入 ーどこまで準備すれば社会的容認の範疇か?

海外招待
講演者

【Mehmet Zileli、M.D.】
Ege University Faculty of Medicine, Department of Neurosurgery,
Chairman Turke

【Prof. Dr. Bernhard Meyer】
Direktor der Neurochirurgischen Klinik Technische Universität München
Klinikum rechts der Isar